農業の未来


農業ソリューションはまだ始まったばかりの分野なので、まだ研究中で実用段階にない技術もたくさんあります。将来的にコンピューターでの制御や管理は今後さらに正確になり、ベテラン農家のノウハウを数値化し再現できるようになっていくでしょう。こんな農作物を作るためにはこのような育て方をすれば良い、というのも農業ソリューションの進化によってわかってくるかもしれません。

農業が難しく辛いものでなくなれば、若い世代からも農業の担い手として手を挙げる人が出て来るはずです。現在でも農業ソリューションを導入して農業に新規参入している例はあるので、それがうまく行けば農業界の追い風になります。

今後確実に起こるのは、育てやすく味の良い品種への改良です。現在食用として市場に出回っている農作物のほとんどが、病気に強く味の良い品種を目指して改良されたものです。農業ソリューションを手がけている企業の多くは、効率よく利益が出せる農作物の品種改良に取り組んでいます。

今までのような自然相手の手探りでの品種改良ではなく、科学的根拠のある効率的な品種改良によって、新たな品種が次々と誕生するのは間違いないでしょう。その一方で伝統的な農作物や希少な品種をそのまま残すという取り組みも行われるはずです。